キャバクラで働くからには、お客様が「素敵だな」と思ってくれるキャバ嬢を目指したいものですよね?
そこで意識したいのが、キャバドレスの選び方です。
激安キャバドレスでも、安く見えないドレスや、キャバクラの店内の照明に映えるよう考えられていたりします。

自分のキャラもあるかもしれませんが、例えば大人っぽい雰囲気にするのか、かわいらしい雰囲気にするのかなどでもキャバドレスやキャバスーツの選び方は変わってきますし、着こなし方でもヘアや合わせるカーデなどでもまた、印象ががらりと変わります。

自分の目指すキャバ嬢をまずは頭に思い描いてみて、そのキャバ嬢に近い感じになるようドレスなども選んでいきましょう。


キャバドレスの選び方


いくら激安キャバドレスでも、何枚も買うのは予算オーバーになってしまいませんか?
そこで、キャバドレスを選ぶ際に心がけたいのが、自分の手持ちの靴やバッグ、お店で持って歩くものを頭の片隅に置いて選ぶことです。

どんなドレスにも合わせやすいものであれば良いのですが、例えばピンク色のサンダルだったら、ブルーのドレスなどだと微妙ですよね。
さらに、自分の目指すキャバ嬢の姿に近いものを選ぶのは基本中の基本ですよ。

エレガントなキャバ嬢を目指すのであれば、ぺプラムやロング、マーメイドのキャバドレスやキャバスーツを選び、その代わり胸がしっかり空いているもの、ホルターネックなどで女性らしいセクシーさが感じられるよう意識してみるのがよいでしょう。
ロングドレスでも、スリットが深く入っているものであればさらに○。

ワンピで元気な、かわいい印象にするのであればミニのドレスを、袖付きのワンピにするなら、大人しすぎないように体型カバー型のワンピではなく、ストレッチのきいた体のラインが目立つものを取り入れるのがよいのでは。

流行りのaテールカットといって、後ろのほうのスカートが長めの丈のワンピも、かわいいけれど素材によっては清楚な感じも、また派手目な感じにもできるのでお勧めですよ。
可愛い清楚派なら花柄、強気な女を演出するならヒョウ柄なども視野に入れて選んでみましょう。
マタニティの方などは、お腹が目立つようになるまではaテールカットが目立たなくてベストですが、赤ちゃんのためにも早く卒業しましょうね!

ウエストカット のものなどは、流行ではあるものの着こなしが若干難しいかも?
ウェストを出すのであれば、 トップスは長袖 などにしてみると、ウェストの露出が逆に目立つようになるので、工夫してみてください。
スーツの定番色は赤 ・ 白 ・ 黒 ですが、やはり白はキャバクラなら押さえておきたいかもしれませんね。
白ならプライベートでも、ジーンズなどなわせて羽織ることもできますしね!


お直しは必要?


激安キャバドレスをせっかく買っても、お直ししたら、お金がもったいない、なんて思われる方もいらっしゃるかと思います。

丈詰め ・ 裾上げ ・ 丈つめなどのお直しは、ちゃんとしてもらったほうがよい、のは事実です。
自分の体のラインに沿った、きれい目な着こなしができるので、予算に余裕があるのであればお勧めです。
余裕がないのであれば、やはり自分の体形に合ったドレスをはじめから選ぶことが大切!

お客様は、高いお金を出して女の子たちと飲むのを楽しみにしてきているので、体に合っていないドレスを着ている女の子よりは、キレイにドレスを着こなしている子を指名したくなりますよね?

キャバスーツやキャバドレスは、自分のなりたいキャバ嬢のイメージを頭に思い描きつつ、お店で使うバッグや靴との相性も考えて選ぶこと、これが鉄則ですよ!

激安キャバドレス・キャバスーツを着こなす方法記事一覧

 

キャバ嬢は、いったい一人何着くらいキャバドレスを持っているのでしょうか?指名で稼いでいる女の子でも、実はキャバドレスはそれほど持っていないというのは、珍しくありません。キャバドレス・キャバスーツは何着必要?お店のナンバー1の女の子が、何着のキャバスーツ、キャバドレスを持っているかといえば、女の子によるかもしれませんが、持っていない子で2着、持っている子で毎日キャバクラで働いている子でも4−5着とい...

 
 

これからキャバクラで務めるという方が最初に悩んでしまうもの、それはキャバドレスではないでしょうか?キャバドレスやキャバスーツって、見るからに水商売ってものが主流なので、キャバクラの外では着れないし、プライベートで着れないならたくさんはいらない…、けれど「毎日出勤する予定なので、2着じゃダメだよね?」なんて方もいらっしゃるのでは。キャバドレスを何着も購入する予定がない方は、小物を工夫しましょう!毎回...